1. HOME
  2. ブログ
  3. 【歴史トーク】4代将軍徳川家綱に学ぶ!家業から企業へ経営戦略

【歴史トーク】4代将軍徳川家綱に学ぶ!家業から企業へ経営戦略

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

3代将軍徳川家光、5代将軍徳川綱吉の間に挟まれて、今一つ影が薄い4代将軍徳川家綱

しかし徳川家綱はちょうど江戸幕府を会社に例えると、家業から企業に切り替わるタイミングで大きな役割を果たした将軍でした。

徳川家綱はどのような課題を抱えていて、どのように解決しようとしたのか?

藤井譲治さんの「家綱政権論」という論文から主に解説していきます。

徳川家綱が将軍だったのは、慶安4(1651)年~延宝8(1680)年の約30年間にあたります。
この時期は幕藩体制が確立した時期だと従来より言われてきました。

では、具体的にはどのように幕藩体制が「確立」していったのでしょうか?

天下人への道

 徳川家綱が将軍になったときの最初の難題は、大名たちは「将軍」に忠誠を誓っていたのでなく、あくまでも徳川家光に忠誠を誓っていたという事実でした。

朝廷に対しては、京都でなく江戸で将軍任命の宣下を受けられたことから問題はなかったのですが、大名に対しては改めて自分が将軍なんだという強い意思表示をする必要があったのです。

そこで徳川家綱は政権の前半期に、5万石以上の有力大名へ江戸城などの普請役を命じ、家綱が天下人だと承認させた上で、大名に領地を与えると記した朱印状を各大名に渡しました。

ほかには将軍の軍事力を見せつけるために、日光東照宮に参詣したり、家光の時期とは内容を修正させた武家諸法度を出します。

このように徳川家綱は将軍になってから約10年かけて、将軍=天下人としての地位を確立したのです。

また従来は個別に与えていた朱印状を各大名に一斉に与えるなど、徳川家綱は徳川家光のときよりも大名に対して強い姿勢で挑んでいきました。

人から家へ

 こうして徳川家綱は将軍=天下人としての地位を確立しますが、今後も代替わりのたびに10年かけてたのではたまったものではありません。

そこで、徳川家綱というから将軍家というへ忠誠を誓ってもらうための方法を模索します。

そのために、将軍が亡くなった際の殉死の禁止や、証人制といって、「国持」の「大名」が有力家臣の子弟を人質に出す制度を廃止しました。

またもっとも重要な政策として行われたのが幕府の支配機構の組織化です。

支配機構の組織化

徳川家光の頃は、年寄衆とか六人衆と呼ばれる人たちが江戸幕府の支配の実権を握っていました。またこのような役職につかない「譜代」の徳川家家臣たちも政治顧問として将軍を支えていました。

しかし徳川家光の時期に年寄衆が老中という役職に切り替わるとともに、徳川家綱の時期には六人衆が若年寄という役職になります。
また勘定奉行や寺社奉行、宗門奉行、遠国奉行など多くの役職が出来はじめます。

その流れは中央だけではありません。
西日本でも西国八人衆という人たちが比較的中央に対して独立して西日本を治めていましたが、老中をトップにその下に京都町奉行や遠国奉行がつくという体制に変化します。
そして各役職もより細分化されていきます。

たとえば勘定奉行(財務省・経産省にあたる)だと、従来は将軍個人のお金も公の幕府の財政もいっしょくたに管理していましたが、この時期になってきちんと分離して管理するようになります。
また管轄エリアも幕府直轄領と関東地方だけだったのが、この時期から全国に広がりました。

また各役職の役職給も、個別に知行を与える形から役料の支給という形に移行していきます。

これまでは将軍の側近や譜代の家臣が、それぞれの持ち味を活かして活躍していたのが、老中などの役職につくことで役職に応じた活躍をする体制になったのです。

また末端の支配機構については、江戸にこれまでいなかった名主(町会長にあたる)を設置し、都市に住む人々を把握しようとしました。

全国支配のための体制つくり

また支配機構の組織化・全国への対応は、世の中の要請でもありました。

江戸の名主の設置は、三代将軍徳川家光の時期に参勤交代制度が確立したり、旗本が江戸に集住しなければいけなくなったことから、武士の人口が増えていた上に、武家屋敷の使用人である武家奉公人と呼ばれる町人が多く江戸に住むようになったことなど、江戸の人口増に対応したものでした。

勘定奉行の全国支配も、明暦の大火後の復興のための流通網の整備として、海運の東廻り航路、西廻り航路の開発が行われたことや米価の上昇の対策に対応する必要性にせまられたからでした。

またこの時期経済的には高度成長期を迎えていましたので貨幣の需要が高まっていましたが、17世紀中頃からの金・銀の産出量の減少により貨幣の流通量が追いつかない状況のため、長崎貿易で金・銀が海外へ流出しないよう統制する必要もあったのです。

まとめ

4代将軍徳川家綱の政治は前期と後期にわけることができます。

前半は3代将軍家光の跡をいかに継ぐかというコンセプトで政治を行いましたが、後半は将軍の役職をスムーズに継承させるための仕組みづくりをコンセプトに政治を行いました。
そのために自らの権威を高める政策をとるとともに、個人を重視する体制から組織を重視する体制を作り上げていったのです。

徳川家綱は地味な存在であまり知られてはいません。

しかし経営者の事業継承や会社の家業から企業への転身という観点からみると、非常に学ぶべき点が多い人なのではないでしょうか?

主な参考文献

藤井譲治「家綱政権論」(『幕藩領主の権力構造』岩波書店、2002年)

三宅正浩「江戸幕府の政治構造」(『岩波講座日本歴史』近世2、岩波書店、2014年)

関連記事