1. HOME
  2. ブログ
  3. 【レポート】第33回金沢歴活〜金沢のモノづくりの原点、加賀藩御細工所〜

【レポート】第33回金沢歴活〜金沢のモノづくりの原点、加賀藩御細工所〜

本日の金沢歴活は初めて、主宰者以外の方に講師兼ファシリテーター役をお願いしました。

今回、歴史トークをお願いしたのは高橋勇太さん。

10397813_793426474075059_575427045292004212_n

専門は日本中世史。現在は大手アパレル企業に勤務し、茶道遠州流の準師範としても活躍されています。

テーマは

「金沢のモノづくりの原点、加賀藩御細工所」

1888884_793426974075009_351648389962433038_o

10994071_793427367408303_1284791691160936989_o

*工芸のお話ということで、和傘を持ってきていただきました。

金沢は人間国宝が10名(石川県で20名)、またユネスコ・クラフト創造都市に認定されるなど、まさに文化都市といえます。

そのまさに原点、加賀藩の御細工所の歴史についてお話していただきました。

御細工所のルーツは?

何を作っていたの?

職人の給与は?

明治以降はどうなったの?

など、様々な角度からのトークで盛り上がりました。

とくに、金沢で「能」が広まったのは、前田綱紀が御細工所の職人に能の稽古を義務づけたから、というのはびっくりな事実でした。

参加者のH・Sさんの感想です。

「外国人観光客の同行ガイドをしているのですが、最近クラフトに興味のある外国人観光客が多いので、今日の高橋君の御細工所のトークはとてもためになりました。」

今回、初めて主宰者以外の方に講師をお願いしましたが、大盛況のなか本日も楽しい学びの場となりました。
ご参加いただいたみなさま。本当にありがとうございました。

関連記事