1. HOME
  2. ブログ
  3. 【富山観光情報】米騒動発祥の地?・旧十二銀行米蔵(富山県魚津市)

【富山観光情報】米騒動発祥の地?・旧十二銀行米蔵(富山県魚津市)

富山県魚津市は、大正7年に発生した米騒動の発祥の地のモニュメントがあります。

10499367_820458824705157_7382816760068407308_o

米騒動はずっと、大正7年7月23日に魚津の町で起こった漁民の妻たちによる、汽船への米の積み出し阻止が発端だと言われていました。
地元商人が買い付けた米は、銀行の米蔵に保存され汽船で出荷されていたのです。
そこで、この旧十二銀行の米蔵が襲撃されました。

11155075_820458621371844_8393133719969039859_o

11154879_820458714705168_218325426698713862_o

1836757_820458754705164_8496014310414091919_o

ちなみに近年の研究では、大正7年の7月上旬には富山市の水橋の女性陸仲仕が騒動を起こしていたことが分かってきているようです。

関連記事