1. HOME
  2. ブログ
  3. 【富山観光情報】越中富山薬売り・反魂丹の池田屋安兵衛商店

【富山観光情報】越中富山薬売り・反魂丹の池田屋安兵衛商店


11194626_827417027342670_7599238131850027094_o

富山といえば薬売り。
富山の薬といえば反魂丹。
そんな反魂丹の専門店が池田屋安兵衛商店です。

1690年(元禄3年)に江戸城内で三春藩主の秋田輝季が激しい腹痛に襲われます。
その時、その場に居合わせた富山藩主前田正甫が、携帯していた反魂丹を服用させたところ、すぐに腹痛は治まります。
これを見ていた諸大名がこの薬効に驚愕!
自分たちの藩にも売ってほしい!と依頼が殺到。

これが富山の薬売りのルーツなのだそうです。

これは「江戸城腹痛事件」として富山の至る所で紹介されています。

江戸城腹痛事件・・・
もうちょっと名前は考えてほしい・・・

1025377_827417154009324_2904301656302878650_o

池田屋さんでは、当時の製造方法で丸薬を作る実演をしてくださいます。

11145200_827417274009312_2757829102733673451_o

11201005_827417364009303_3590789674135853899_o

富山の薬はパッケージも可愛いからお土産にも楽しいですね。

関連記事