1. HOME
  2. ブログ
  3. 【富山観光情報】戦国大名、宇喜多秀家の子孫? 重要文化財、浮田家住宅(富山市)

【富山観光情報】戦国大名、宇喜多秀家の子孫? 重要文化財、浮田家住宅(富山市)

戦国大名の宇喜多秀家は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで石田三成方についたため、所領を没収されました。

その後、助命されたものの八丈島に遠島となっています。

宇喜多秀家の正室は豪姫と言いましたが、この方は加賀藩の前田家の出身でした。

そこで、宇喜田秀家の隠し子が、豪姫の実家の前田氏にかくまわれて、越中に逃れて浮田氏を名乗るようになったという伝説があるのだそうです。

11129532_833841840033522_5545787741573679367_o

11115573_833841790033527_2281871993762370358_o
浮田家は江戸時代後半には、3000石クラスの格式を持つようになっていたとか。
浮田家への厚遇が伺えます。

*浮田家住宅ホームページ

 

関連記事