1. HOME
  2. ブログ
  3. 裏千家を興した千仙叟宗室の屋敷跡(味噌蔵町)

裏千家を興した千仙叟宗室の屋敷跡(味噌蔵町)

千仙叟宗室とは、千利休の孫の千宗旦の4男。

裏千家を興した人です。

この千仙叟宗室は慶安5(1652)年に、前田利常に仕官して百五十石と小松城三の丸の屋敷を与えられました。

その後寛文11(1671)年に、前田綱紀に茶頭として仕官して、百五十石と金沢城下の味噌蔵町の屋敷を与えられたました。

以後、元禄元(1688)年まで、金沢と京都とを往復しながら精力的に活動することになります。

その屋敷跡がこちらです。

988556_838956172855422_4498372515816600806_n

近くに寺嶋蔵人邸がありますので、お茶をされる方ならついでにちょっと眺めてみるのも良いかもしれません。

関連記事