1. HOME
  2. ブログ
  3. 恵方巻の由来

恵方巻の由来

以前は節分というとまっさきに思い浮かぶのが豆まきでした。

でも、最近はコンビニやスーパーでも節分といえば恵方巻に変わってきましたね。

この恵方巻。

992d5119

ルーツは非常に偏った地域の風習なのですが、これを全国的なものにしたのはセブン-イレブンです。

元々2月というのは売上があまり稼げない時期で、稼げる唯一の機会がバレンタインのチョコレート。

そこをなんとかできないか?

と考えたのがある広島県のセブン‐イレブンオーナーさんです。

このオーナーさんは元々大阪出身。

地元にこんな風習があるから、この風習をお客様に伝えて巻き寿司を仕掛けてみよう!

と考えました。

最初は1店舗だけだったのですが、結構売れたため翌年は近隣の店舗のオーナーさんにも試してもらったら、もっと売れるようになりました。

こうなったらセブン‐イレブンは大きな組織。

広島県だけでなく全国のお店でやってみよう!

なら、特別な商品も開発しよう!

元々広島県という何の関係もない県で売れたんだから、どこでも売れるよね!

と一所懸命取り組んだ結果、今では誰もが知ってる風習となり、現在では夏にも節分があるということで、夏恵方巻なんてものすらあるというわけです。

元ネタ

(株)セブン‐イレブン・ジャパンで当時、この広島県のオーナーさんを担当していた元OFCさんより教えていただきました。

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

スピンオフ企画「○○の5冊」へのご参加もお待ちしています。

*「○○の5冊」フェイスブックグループ

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事