1. HOME
  2. ブログ
  3. キングダムを理解するための1時間でわかる古代中国史!【第79回歴活レポート】

キングダムを理解するための1時間でわかる古代中国史!【第79回歴活レポート】

2月11日は祝日ですが、木曜日ですので通常営業で歴活やってます。

祝日なのでいつもは参加できない方も参加されて、ちょっといつもと違う雰囲気でしたね。

今日のテーマは初の試み。

古代中国史。

三国志よりももっと前。

五帝から夏、商、周王朝。

その後の春秋時代から戦国時代、秦の始皇帝による中国の統一までを、たった1時間でざっくり理解してみよう!

という企画でした。

アメトーークでも放送されたキングダム。

この話題の漫画も、古代中国史を理解するともっと面白い!

ということで、かなり強引でしたが秦(しん)王「政(せい)」に至るまでの中国の政治史を振り返ってみました。

秦という国は漫画にも出てくる呂不韋(りょふい)や政の登場から突然強くなったわけではありません。

孝公(こうこう)の時代に商鞅(しょうおう)という人が現れたことが強くなるきっかけでした。

この商鞅は、孝公に王道と帝道、覇道の3種類の政治について話したのですが、孝公は王道と帝道のときは眠ってしまい、覇道のときだけ目を輝かせたため、覇道の政治を追求したと言われています。

政治の内容は世襲制を廃止し、庶民に富が移動するようにしたり、刑法を充実させて庶民も貴族も法のもとに平等という体制をつくりました。

こうして庶民の力を強めたことで秦は大きく発展し、キングダムの時代につながっていくのです。

12717840_965064610244577_1701447500349859565_n

今回の主な参考文献は、宮城谷昌光さんの一連の作品たち。

ぜひ、みなさんも古代中国史の世界に触れてみませんか?

12705193_965064623577909_2999045673506029973_n

今日のCafe素都(会場)の朝ごはんはこんな感じ。

明日2月12日(金)は小松で歴活やります。

小松で歴活イベントページ

2月14日(日)は東京広尾で真田丸読書会を開催!

真田丸読書会イベントページ

ぜひこちらもご参加くださいね。

 

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

スピンオフ企画「○○の5冊」へのご参加もお待ちしています。

*「○○の5冊」フェイスブックグループ

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事