1. HOME
  2. ブログ
  3. 小松市の明治期銅山遺跡!尾小屋鉱山資料館(前編)

小松市の明治期銅山遺跡!尾小屋鉱山資料館(前編)

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

小松市には尾小屋鉱山という銅山があります。

明治期、尾小屋鉱山は足尾・別子・日立などの銅山をトップグループとするとセカンドグループくらいに位置する生産量を誇った。

私の出身地である生野銀山とほぼ同じくらいの銅の生産量だったようです。

江戸時代から金山として採掘がされていたものの、本格的に稼働したのは明治期以降、銅山としてのこと。

小松製作所も関わりをもつ銅山です。

今回はそんな尾小屋鉱山資料館に潜入!

IMG_7394

IMG_7398

早速、尾小屋鉱山の写真がお出迎え。

IMG_7403

こんなに広い坑道だったんですね。

IMG_7401

ちょっと鉱夫になりきってみた。

IMG_7404

加賀八家の横山家の経営だったんですね。

IMG_7405

尾小屋鉄道の展示もありました。

IMG_7414

これは、鉱山内で使われていた携帯電話。

今の電話とは大きさがまったく違いますね。

IMG_7477

明治の鉱山内部での義兄弟の契りを交わした書面です。

これはすごい!

当時の鉱山社会がリアルに感じられます。

後編は実際の鉱山の中に潜入です!

参考文献

橋本哲哉「尾小屋鉱山と横山鉱業部」(金沢大学)

 

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

スピンオフ企画「○○の5冊」へのご参加もお待ちしています。

*「○○の5冊」フェイスブックグループ

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事