1. HOME
  2. ブログ
  3. 【実況中継その3】金沢歴活100回記念イベント「戦国武将ドラフト会議」

【実況中継その3】金沢歴活100回記念イベント「戦国武将ドラフト会議」

*実況中駅1はこちらからどうぞ

さて、つづきましては、下位打線に入ります。

第六回選択希望選手(6番バッター)

第六回選択希望選手(パンチョ伊東さん風に、しつこい?)

チーム安藤

織田信長

チーム高橋

蒲生氏郷

チーム山本

羽柴秀吉

チーム横山

高山右近

下位打線で、超大物とマニアック武将の両極に分かれました。

織田信長・羽柴秀吉がでてきたかと思えば、蒲生氏郷・高山右近です。

チーム高橋は、やはり茶道家として蒲生氏郷はずせないところか!
チーム安藤代表は、奥様が蒲生氏郷ファンのため、獲得を逃してしまい少し気持ちが弱ってきました・・・
チーム山本は、弟の秀長が5番で秀吉が6番というちょっと意味深な指名です。
チーム横山は、加賀藩がらみの地元指名が目立ちます。

第七回選択希望選手(7番バッター)

チーム安藤

長宗我部元親

チーム高橋

仁科盛信

チーム山本

立花宗茂

チーム横山

足立六兵衛

ドラフト七巡目にして、マニアックさが半端なくなってきました。

観戦者の米山さんのセリフです。

「長宗我部元親がメジャーに見える・・・」

チーム高橋の、仁科盛信は武田信玄の五男。高遠城の戦いで名を馳せました。

チーム山本の、立花宗茂は関ヶ原で西軍につくもその後ほぼ同じ領地を回復した敗者復活の星!

チーム横山の、足立六兵衛はその場にいた誰もが、

「誰??」

と、首をひねったサプライズ指名です。

「首取り足立」と呼ばれた猛将で、大河ドラマ「利家とまつ」にも出てきた武将なのだそうです。

第八回選択希望選手(8番バッター)

チーム安藤

細川幽斎

チーム高橋

山本勘助

チーム山本

馬場信春

チーム横山

淀君

ここにきて、チーム横山まさかの淀殿(茶々)です!

EFBC92E88CB6E38085

大河ドラマ真田丸では竹内結子さんが演じていますね。

ほか、山本勘助・馬場信春と武田信玄の家臣の指名が目立ちます。

そして、第九回選択希望選手は!

第九回選択希望選手(9番バッター)

9番バッターだけでなく、エースとしての指名もありますよ。

第九回選択希望選手です。

チーム安藤

島津義久

チーム高橋

高橋紹運

チーム山本

明智光秀

チーム横山

徳川家康

九巡目でまさかの徳川家康

明智光秀も残っていました。

チーム高橋は名字が同じ九州の猛将高橋紹運
チーム安藤も九州の智将島津義久の指名となりました。

最後は、補欠ですが、監督、スコアラー、マネージャーなど多彩な指名が行われました。

第十回選択希望選手(補欠・監督・スコアラー・マネージャー)

チーム安藤

村上武吉

チーム高橋

太田牛一

チーム山本

おね(北政所)

チーム横山

前田慶次

IMG_7816

チーム安藤は代走として村上水軍の大将・村上武吉を指名。

チーム高橋はスコアラーとして「信長公記」の著者太田牛一

チーム山本はマネージャーとして秀吉の奥様・おね(北政所)

チーム横山は加賀藩つながりとして前田慶次を指名しました。

以上で、2016年第一回戦国武将ドラフト会議は終了となりました。

振り返りです。

ドラフトを振り返って

IMG_7818

各チームのドラフト自己評価です。

チーム安藤

70点。

1番バッターの島津義弘、2番黒田官兵衛の1・2番コンビを獲得できなかったのが悔やまれる。
また、奥様のお気に入りの蒲生氏郷を取られてしまったので、マイナスが大きくなりました。

チーム高橋

90点。

1番バッターとして伊達政宗が獲得できなかったのが残念。
しかし、それ以外はほぼ思い通りの指名ができた。

チーム山本

100点満点。

1番バッターの本多忠勝が獲得できなかったのは残念だが、真田幸村くんという有望な若手を獲得することができた。
このドラフトには満足している。

チーム横山

85点。

淀殿はどうしても獲得したかったので満足している。
足立六兵衛など地元の優秀な選手を獲得できたので、戦略通りだ。

IMG_7821

今回のドラフトはこんな感じで幕を閉じました。

まったく戦国武将がわからない、野球を知らないという方もいらっしゃいましたが、大の大人が大はしゃぎで楽しむ場に大盛り上がりとなりました。

またこの企画はよりブラッシュアップして実行したいと思います。

お楽しみに♫

 

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

スピンオフ企画「○○の5冊」へのご参加もお待ちしています。

*「○○の5冊」フェイスブックグループ

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事