1. HOME
  2. ブログ
  3. 平成28年全国鏝絵サミット参加記 その2 初日

平成28年全国鏝絵サミット参加記 その2 初日

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

鏝絵サミット初日の記録です。

*前回の記事はこちら
 平成28年全国鏝絵サミット参加記 プロローグ

平成28年全国鏝絵サミット初日

これは初日の夜。
大事な仕事を終え、急いで射水市まで向かった私に対し、妻が語った内容を一部再現するものであります。

 

今日は朝、東京の自宅から小松空港に降り立ちバスで金沢まで、金沢からは、あいの風とやま鉄道で小杉駅についた。

img_9499

img_9497

小杉駅から鏝絵(こてえ)に迎えられ、ちょっとテンションがあがった。

img_9498

駅を出ると早速、大きな全国鏝絵サミットの会場案内板が!

いやがおうにもテンションが上がってくる。

しかも、駅から会場までの道すがら、

img_9432

早速、龍の鏝絵(こてえ)を発見!

これは、教えてやらねば!

img_9379

会場に到着。

受付に行くと、東京からわざわざ泊まりがけでやってきたため、ちょっと大きめのトランクをゴロゴロしていたこともあってか、

「来賓の方ですか?」

さっそく、来賓と間違えられる。

「いえ、ファンです!」

「・・・・」

とっさに切り返した一言は、受付の方にとってあまりにも意外なセリフだったようだ。

受付の方は終始無言で、どう返せば良いのかとまどったまま様子のまま受付は終了した。

 

鏝絵サミット初日いよいよスタート!

受付を終了した後、いよいよ会場へ。

img_9503

さあ鏝絵サミットスタート。

13:00から17:30までの長丁場だ。

会場には100人分くらい参加者がおり、射水市長が挨拶をするなど予想以上に大規模なイベントとなっていた。

img_9502

基調講演は愛媛県の鏝絵について。

そして事例発表は富山県、静岡県、長野県、新潟県、島根県、大分県の事例。

とくに大分県の報告は熱があった。

「3年後に鏝絵サミットを大分県で開催します!」

というサプライズ宣言も飛び出した。

実際のところは色々と調整もしないといけないだろうし、どうなるかはわからないけど、大分県に行くのも悪くないな。

そう思った。

img_9501

最後は、安藤竜(アンドリュー)が勝手に鏝絵界のレジェンドと呼んでいる藤田洋三先生がコーディネーターとして参加した公開討論が行われた。

 

妻によると、ここでの藤田洋三先生の解釈が妻的にツボにはまって面白かったらしい。

また会場では、

「(入江)長八」

「(竹内)源造」

といった単語(左官職人の人名)が、まったく説明なく、さも誰もが知っていて当然とばかりに使われていたとのことで、

さすが鏝絵サミットだ!

と感動したとのこと。

img_9438

これは配布資料の一部。

これにて全国鏝絵サミットは終了。

明日はいよいよ見学バスツアーだ。

 

つづく・・・

平成28年全国鏝絵サミット参加記 その3 鏝絵見学ツアー

関連記事