1. HOME
  2. ブログ
  3. 阿部智里の八咫烏シリーズを読んでいたら、猿鬼伝説の里に行きたくなった件

阿部智里の八咫烏シリーズを読んでいたら、猿鬼伝説の里に行きたくなった件

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

最近、奥様の影響で阿部智里さんの八咫烏シリーズを読んでいます。

ひとまず第3弾まで読んだのですが、この3冊目では人を食べる猿との戦いが繰り広げられていてなかなか面白かったのですが、ふと能登にも神が猿を退治する話があるなあと思い、いい機会なのでご紹介しようと思います。

17952701_1324995500918151_6159530034938152322_n

ストーリーとしては、

能登町の岩井戸という洞窟に住んでいた猿鬼。

牛馬を食べたりしまいには人を食べてしまうなど村々を荒らしまわるので、気多大社の大明神を大将に退治をすることになります。

この戦いで一番活躍するのが輪島の三井にある大幡神社の神杉姫。

神杉姫は、白い布をまとい舞を舞って猿を岩井戸からおびき寄せます。

その後、神杉姫は漆が体に塗られて弓がきかない猿に対し、弓で目を狙うことで猿を弱らせます。

そして最後には、渡辺綱から借り受けた名刀鬼切丸で猿鬼を退治するのです。

18033232_1324995707584797_4481621069755599069_n

名刀鬼切丸で切った猿鬼の首を埋めたのが鬼塚。

能登町の大箱地区の川沿いにあります。

18033121_1324995844251450_3588161498734523895_n

つくしやふきのとうがいっぱい生えていましたよ。

春だなあ。

18056652_1324995557584812_4549649306307912832_n

そして、猿鬼の霊を祀ったのが岩井戸神社です。

18033001_1324995447584823_8816434767305583571_n

階段を降り、

18056220_1324995697584798_4270035845166724872_o

さらに鳥居をくぐると

18033798_1324995540918147_5736349929580349645_n

川沿いに社殿が。

17951543_1324996024251432_4651765165234672275_n

朱塗りの橋を渡ります。

18056711_1324996007584767_7988575866194191457_n

ご利益がよくわかりませんが、猿鬼の冥福をお祈りしました。

18010311_1324995967584771_1146843863723025650_n

由来はわかりませんが、御神木なんでしょうね。

18010836_1324995440918157_1577961408670114793_n

岩井戸神社付近は集落ごとに猿鬼伝説にまつわる石碑があって、解説が施されています。

17903353_1324995824251452_7698048829761293651_n

一布という集落は、神杉姫が白い布をまとって踊ることで猿鬼をおびき出しましたが、その布を献上した村人が住んでいた場所がのちに「一布地」と呼ばれたことに由来するのだそう。

八咫烏シリーズが好きな人には、ぜひ猿鬼伝説オススメです。

 

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

 

関連記事