1. HOME
  2. ブログ
  3. 石川県立美術館の企画展は5月28日(日)まで!これは見逃さないのが吉。

石川県立美術館の企画展は5月28日(日)まで!これは見逃さないのが吉。

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

GW、墓参りもあって京都に行ってきました。

京都では地下鉄の北山駅付近に用事があって、京都府立総合資料館の前だけ通ったのです。

ここは加賀藩5代藩主前田綱紀が整理した東寺百合文書が保管されていて、そのことをちょっとブログに書きましたら、そもそもその東寺百合文書が今、石川県立美術館で展示されておるぞという情報をいただきまして、遅ればせながら石川県立美術館に行って参りました!

といっても30分しか時間がなかったので超駆け足。

またもう1回行くことになりそうです。

【京都加賀藩紀行】前田綱紀が整理した「東寺百合文書」の京都府立総合資料館

今回の目的はこの「よみがえった文化財」という企画展。

5月28日まで無休です。

入ると、しょっぱなに東寺百合文書あるやん!

突然テンションMAXである。

時間もないので、これでもうあとは流そうと思っていたのですが、まだまだテンションあがるものはあるのであった。

一遍上人絵巻。

これいいですよ。次回はじっくり見たい。

そういえば、副代表の高橋勇太がいずれ一遍について語ると言っていたので、その解説が待たれますね。

ほかにも平家物語や吾妻鏡、狩野探幽に七尾の連歌の記録など、内容はばらばらだけど興味深い展示がいっぱいです。

これは20分じゃあきついな。

 一時間は絶対いる。

その後は2階へ 

2階で見たいのは

「茶道美術名品選Ⅱ」

この段階で私に残された時間は10分である。

もう展示物に申し訳ないという思いしかない。

とにかく楽家初代長次郎の「北野」だけは見よう!

そう思ったのですが、それだけではもちろんすまない・・・ 

最近どうしても気になる本阿弥光悦

赤楽茶碗の山科。

織部の茶杓や茶碗、初代の大樋長左衛門に初代宮崎寒雉、野々村仁清の水指。 

こんなん10分で見れるわけがない・・・

さらに、 

「前田家 武の装いⅠ」

ここはもう3分で見た。

ほんとありえない。ごめんなさい。

とにかく見るのは前田利長の兜ね。

2m近い大男がこんなのつけてたらどんなんだったんだろう。

前田利常の大坂の陣のときの甲冑。

さらに、本阿弥光甫作の《小さ刀拵》。

本阿弥家のお家芸はやはり見なくては!

もうはっきり言って30分しかないのに見に行ったことを後悔。

正直、急ぎすぎて半分以上何を見たのか覚えてない・・・

もう一度時間をとってしっかり見直すことにします。

じつに盛りだくさんな展示でした。

今週末までなので見逃さないことを、わたくし強くオススメ致します。


石川県立美術館
住所:石川県金沢市出羽町2−1
期間中は無休
ホームページ

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事