1. HOME
  2. ブログ
  3. きつねとたぬきと言えば赤と緑のあれ?いえいえ輪島の重蔵神社です。

きつねとたぬきと言えば赤と緑のあれ?いえいえ輪島の重蔵神社です。

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

きつねとたぬきと言えば何を思い出しますか?

やっぱりこれですよね。

ちなみに私は天ぷらうどんが好きなので、いつも選択に困ります。

まあそんな話は置いておいて、きつねとたぬき。

この両方が祀られている神社があるのをご存知だったでしょうか?

そんな場所が朝市で有名な輪島の重蔵神社。

大永4(1524)年の最古の輪島塗の扉が保管されていることでも有名。

広い境内では多くの人がお参りに来ています。

そんな重蔵神社にはこのように、たぬき天神と稲荷神社が併設されています。

たぬきは天神様だったのだね。

神社の隣には足湯もあるので、ぜひ足湯のあとにお参りしてみてくださいね。


タオルは足湯の前で売ってます(100円)。


重蔵神社
住所:石川県輪島市河井町4−68

*産屋は朝市通りの反対側、輪島市河井町1ー87にあります。

ご案内

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

*申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事