1. HOME
  2. ブログ
  3. 関ヶ原から大坂の陣へ!徳川の野望

関ヶ原から大坂の陣へ!徳川の野望

関ヶ原合戦は東軍の勝利に終わりましたが、秀忠の遅参により豊臣に対する徳川の勝利というイメージは薄まってしまいました。

あくまでも豊臣政権内部の吏僚(文治)派と武功(武断)派の戦いに後者が勝利したという性格が強くなったのです。

関ヶ原合戦後の論功行賞の性格

そのため、福島正則や加藤清正などの豊臣系大名は主に西国で国持大名に昇格していきます。

それに比べて家康譜代の家臣団は領地を拡大することができませんでした。

そして、本来なら秀吉政権のように西国の豊臣系大名には与力大名として徳川譜代の大名を近隣につけるべきですが、彦根の井伊家を最西にそれより西には譜代大名を配置することができなかったのです。

豊臣秀頼は関ヶ原合戦で摂河泉65万石の一大名に転落したと言われてきましたが、この点から豊臣秀頼の西国支配体制が生まれたと考える説もあるほどです。

実際、福島正則や池田輝政などは関ヶ原合戦後、豊臣の姓で少将に任官していますし、息子たちも豊臣姓を名乗っています。
また、加賀の前田利常は家督を継ぐ際に豊臣秀頼にも挨拶に出向いているのです。

そして何よりも家康による領地宛行状が発行されなかったので、大名たちは黒田官兵衛のように秀頼から領地をもらったと言うものもいれば、家康からもらったと認識するものもいたり、バラバラでした。

その後、家康は征夷大将軍に任命され江戸幕府を築きますが、それは依然強い影響力を持ち、いずれ成人して豊臣秀頼が関白就任することへの対抗策だったのです。

まるでデジャブ?鎌倉幕府成立期の再現

この一連の流れを見ていると、まさに平家を倒して将軍に任官した源頼朝の姿をまんまトレースしていると感じます。

西国の平氏政権(平氏滅亡後は朝廷)と東国の鎌倉幕府の関係を見るようです。

そして、江戸幕府の体制は豊臣政権の反省もふまえ、江戸幕府は外様大名と徳川一族を排除し、譜代大名のみが幕府政治に参加できる体制としました。
また反中央集権の立場から、大名の領地内には秀吉政権ほどは介入しない原則がありました。

しかし、いつまでもこの体制がつづくわけにはいきませんでした。

2代将軍徳川秀忠の存在です。

徳川・豊臣・天皇家の婚姻による融合を考えていた家康はともかく、秀忠は常に秀頼に官位昇進レースに負けていました。
家康が存命中は良いのですが、死んでからはどうなるかわかりません。
加藤清正、浅野幸長、池田輝政、前田利長などの秀頼びいきの武将たちの死をきっかけに、家康は大阪の秀頼に圧力をかけ大坂の陣となります。

この大阪の陣では豊臣系大名の代替わりも進み、大坂城に入る大名はいませんでした。
結果、豊臣宗家は滅亡。

ここにきて初めて、江戸幕府は本当の意味で全国支配を成し遂げることになるのです。

文責:安藤竜(アンドリュー)

主な参考文献

山本博文「統一政権の登場と江戸幕府の成立」(歴史学研究会・日本史研究会編『日本史講座 第5巻近世の形成』東京大学出版会、2004年)

中野等「豊臣政権論」(『岩波講座日本歴史 第10巻近世1』岩波書店、2014年)

黒田基樹『近世初期大名の身分秩序と文書』(戎光祥出版、2017年)

堀越祐一『豊臣政権の権力構造』(吉川弘文館、2016年)

関連記事