1. HOME
  2. ブログ
  3. 金沢ひがし茶屋街裏。観音院の四万六千日法要でトウキビをいただく。

金沢ひがし茶屋街裏。観音院の四万六千日法要でトウキビをいただく。

本日8月30日(2017年)は四万六千日。

四万六千日法要というと、浅草の護国寺のほおづき市が有名ですが、金沢ではトウキビです。

金沢で一番の観光地。ひがし茶屋街のお店に、こんな風にトウモロコシが吊り下げられているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このトウモロコシが配られるのが四万六千日法要の日なのです。

軒先に吊るすと魔除けや商売繁盛のご利益があるのだそうです。

毎年時期が近づくと、このように金沢の街中で四万六千日の告知のチラシ?が貼り出されます。

こんな感じですね。

ひがし茶屋街の脇にある観音通り。いつもとは雰囲気が変わりますね。

安政の泣き一揆で処刑された方たちの供養のお地蔵様を祀っている、観音通りの寿経寺(七稲地蔵尊)も同日の祭礼となります。

観音坂を登っていきます。
江戸時代の古地図でも、すでに坂が描かれていますね。

本堂の中では西国33ヶ所霊場御砂踏みと護摩焚きが行われます。

そして、いっぱいのトウキビ。

毛が長いほうが、「毛け(もうけ)」が多いんだそうで、長いものを頑張って選びましたよ。

トウキビゲット。

本日限定の四万六千日の御朱印もいただきました。

トウキビの朱印が可愛い♫

さっそく自宅に飾りました。

結構、ミーハーな思いで通い始めた四万六千日ですが、もうこれで3年目。

ご近所様からは

「信心があるのはいいこっちゃ」

と、信用度アップにもつながっているようで、うれしい限りです。

ぜひ皆様も行ってみてはいかがでしょうか。


長谷山観音院
住所:石川県金沢市東山1丁目38−1

 

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事