1. HOME
  2. ブログ
  3. 奥能登国際芸術祭と揚げ浜式製塩

奥能登国際芸術祭と揚げ浜式製塩

2017年は奥能登国際芸術祭が、9月3日から10月22日まで石川県珠洲市で行われています。

参加アーティストは11の国と地域から39組。

その中でも目に付いたのは、揚げ浜式製塩にまつわるアート。

1番。塩田千春。時を運ぶ船。

10番。岩崎貴宏。Untitled

19番。角文平。Silhouette Factory

1番の塩田千春さんのアートは塩田の砂取船を用いているし、10番の岩崎貴宏さんはまさに塩を海に見立てたもの。19番の角さんは塩田の人々の風景をモビールにしており、いつまでも見ていられるアートに昇華させていました。

今回の奥能登国際芸術祭を見ていると、改めて現代アートというのは歴史学でもあるんだな。
そんなことを感じました。

歴史というものを露わにさせるための手段としての歴史学であり現代アートであるなと。

江戸時代の珠洲の塩士の生き方に想いを馳せながら、アートを楽しみ、珠洲というまちを楽しんでもらえたら素敵なことだな。

そう思ったのです。

他の記事

江戸時代、鯨をめぐる歴史〜奥能登国際芸術祭にからめて〜

まれの舞台!加賀藩奥能登の揚げ浜式製塩と塩専売制とは

漂着神と奥能登〜奥能登国際芸術祭にからめて〜

 

 

*奥能登国際芸術祭についてはこちらから

 

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

金沢歴活(東京・金沢)のイベントの確認はこちらから

イベントカレンダー

金沢歴活のフェイスブックページもあります。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事