1. HOME
  2. ブログ
  3. 玉霰(たまあられ)連歌之会を開催しました。

玉霰(たまあられ)連歌之会を開催しました。

連歌の特訓のための週並連歌会もいよいよ3回目。
激しいあられが吹く日だったので「玉霰連歌之会」と名付けてみました。

今回はさすがの天気のため人数は3名。

今回も連歌の神である菅原道眞像(の絵馬で代用)を会場に置いて開催です。
本来とはだいぶ意味が違いますが、やっぱり気分の問題です。

今回の式目(ルール)は、

半歌仙(十八句)
定座は月表六句、花裏八句(6句目で月を詠む。14句目で花を詠む)
脇起り(最初の一句目は当季の古典和歌から選び脇句(二句目)から詠む)
膝送り(順送りで詠んでいく)
2時間一本勝負!

にしてみましたよ。

あとグランドルールとして、慣れない人は「古今和歌集」から古歌をパクっても良しとするのは前回同様です。

さあ連歌会スタート!

発句(一句目)は例によって副代表高橋勇太セレクトです。

藤原定家の

「風の上に 星の光は 冴えながら わざともふらぬ 霰をぞ聞く」

星を詠んだ和歌なんてあるのですね。
激しい霰の日に逆に満天の星空を思い浮かべてのスタートです。

    平成二十九年 十二月十一日

玉霰連歌之会     於 ぶどうの木 金沢フォーラス店

発句  風の上に 星の光は 冴えながら    冬 藤原定家

脇句  人に知られぬ 恋もするかな      恋 れい

第三  君去りし 枕の上に 露落ちて     恋 勇太

第四  朝の光に 心満ちぬる         雑 竜

第五  花の香を 風のたよりに たくへてそ  春 れい

第六  君となかめる 春の夜の月       月 勇太

第七  うれしきを 何につつまむ 夢路さへ  雑 れい

第八  一声鳴くは ほととぎすかな      夏 竜

第九  あかあかと つれない日差し 声も出ず 夏 勇太

第十  我うちつけに 恋ひまさりけり     恋 れい

第十一 夕暮れの 秋風たちぬ 校庭に     秋 竜

第十二 一人たたすむ 四年後の僕       雑 勇太

第十三 君や来む われや行かむの 十六夜の月 秋 れい

第十四 うつろふ菊に 想ひのせつつ      花 竜

第十五 昨日といひ けふと暮らして 今宵また 雑 勇太

第十六 雪も我が身も ふりまさりつつ     冬 れい

第十七 冬ごもり 思ひをよせし 時も過ぎ   冬 竜

挙句  それでもなほ待つ 君が呼ぶ声     恋 勇太

平成二十九年 十二月四日

無事、半歌仙巻き終えました。

初心者が3人はなかなかハードです。

簡単ですが、半紙に執筆して終了。

みなさまお疲れさまでした!

*追記
この記事を書いた時点で、どうも日付は最初に書くものらしく、また会場も表題の横に書くようだということを知る。次回からはやってみよう。

 

文責:安藤竜(アンドリュー)

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

イベントは金沢歴活のフェイスブックページから。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事