1. HOME
  2. ブログ
  3. 金沢のお正月の縁起菓子、福徳煎餅を楽しむ

金沢のお正月の縁起菓子、福徳煎餅を楽しむ

金沢のお正月は色々と独特の食べ物があります。

そのひとつが福徳せんべい。

金沢の諸江屋さんのものです。

諸江屋さんのホームページより

加賀藩12代藩主前田斉広(なりなが)公が金沢城二ノ丸御殿落成の祝いに加賀藩御用菓子商「樫田屋」に命じて考案させた菓子です。明治になり樫田屋さんが廃業される時に諸江屋4代目吉太郎がこの菓子の製造を委ねられ、金沢の菓子として伝承させていただいております。
金(黄色)と銀(白)に見立てた砂金袋、福俵、打出小槌の形をした最中皮の中に
金華糖(砂糖菓子)や土人形(食べられません)の縁起物を
入れてあります。

土人形が入っていたり。

砂糖菓子が入っていたり。

これは招き猫ですね。

チョコエッグの元祖のような福徳煎餅。

ぜひ楽しんでみてくださいませ。


購入店舗:落雁諸江屋

めいてつ・エムザ黒門小路内
落雁諸江屋ホームページ

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

イベントは金沢歴活のフェイスブックページから。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事