1. HOME
  2. ブログ
  3. 歴活連歌之会〜新春乃巻〜

歴活連歌之会〜新春乃巻〜

歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。

新年最初の歴活連歌之会〜新春乃巻〜を開催いたしました。

歴活有志による連歌虎の穴も5回目。

だいぶみんな慣れてきましたよ。

今回の式目(ルール)も前回と同様、

半歌仙(十八句)

定座は月表五句、花裏十二句(五句目で月を詠む。十七句目で花を詠む)

脇起り(最初の一句目は当季の古典和歌から選び脇句(二句目)から詠む)

膝送り(順送りで詠んでいく)

2時間一本勝負!

です。

あとグランドルールとして、慣れない人は「古今和歌集」から古歌をパクっても良しというのもいつもの通りです。

さあ連歌会スタート!

発句(一句目)は例によって副代表高橋勇太セレクトです。

大伴家持の

「新しき 年の初めは 弥年に 雪踏み平し 常かくにもが」

1月3日に雪が降った金沢にぴったりの新春の歌からスタートです。 

平成丗年壱月四日

歴活連歌之会 新春乃巻   

於 ぶどうの木金沢フォーラス店

発句  新しき 年の初めは 弥年に     冬 大伴家持

脇句  瀬戸の水面に 映る陽の橋       雑 竜

第三  ひとり見る ながめて散りぬ 去年の夢 雑 俊克

第四  吹きくる風は 花の香ぞする      春 ゆき

第五  月夜には 浅ノ川沿い 散歩する    月 れい

第六  貸しきりの夜 二人歩いて       恋 勇太

第七  鼻歌を ハミングしつつ 女川     雑 れい

第八  初夏の衣の 早く乾かむ        夏 竜

第九  月の夜に 永遠の契りを 望めども   月 俊克 

第十  今日を限りの 別れなりけり      恋 ゆき

第十一 かくや姫 天から迎え やってきて   雑 れい

第十二 名残を惜しむ 三太郎かな       雑 勇太

第十三 ひぐらしの 声鳴り止まぬ 廃屋に   夏 竜

第十四 夏の終わりの 永遠を楽しむ      夏 俊克

第十五 赤とんほ 秋を探して 今想ふ     秋 ゆき

第十六 夕暮れせまり 一人立てれは      秋 れい

第十七 紅葉の浦の苫屋の さひしきに     花 勇太

挙句  暮れゆく空に のぼる望月       竜

 

無事、半歌仙巻き終えました。

今回も簡単ですが、半紙に執筆して終了。

みなさまお疲れさまでした!

今回も楽しい時間でございました。

 

文責:安藤竜(アンドリュー)

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

イベントは金沢歴活のフェイスブックページから。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事