1. HOME
  2. ブログ
  3. 2018年 金沢の有名観光スポットの雪景色を楽しむ

2018年 金沢の有名観光スポットの雪景色を楽しむ

金沢は大雪です。

私も過去経験したことのない雪で、小松歴活塾は延期となり、車を雪の中から発掘したり、屋根の上に積もった雪をスコップで落としたりと初めての体験に驚きです。

ただ、せっかくの大雪ですので、楽しいこともやってみようと、金沢のお城周辺を回って金沢の雪景色を撮影してきました。
よろしければお付き合いくださいませ。

まずは私の自宅のある長町武家屋敷跡から。
午前中はまだ雪が少し降っていたこともあって、空が真っ白ですね。

長町武家屋敷跡

長町の武家屋敷跡は、融雪装置のおかげで石畳の雪も溶けて歩きやすくなっていますね。助かります!

尾山神社

朝の段階では人が一人通れる分だけの道しかありませんでした。
階段が雪のおかげで逆に歩きやすいかも。

境内から神門を振り返る。

前田利家像もこんなことに・・・

境内の金谷神社の壁。
梅鉢紋が形取られているのがオシャレだといつも思っています。

尾山神社裏から金沢城玉泉丸庭園へ

庭園の奥にあるのが、ブラタモリでも紹介された色紙短冊積石垣。

金沢城の五十間長屋が見えます。
五十間長屋の下から金沢城公園へ入っていきます。

金沢城公園

お堀は凍ってますね。

橋爪門にはまだ、お正月飾りが。

一面の銀世界が美しい。

最後に、石川門を抜けて茶屋街方面へ向かいます!

暗がり坂から主計町茶屋街へ

兼六園は今回寄りません。
紺屋坂を兼六坂の交差点へ降りて行き、寺島蔵人邸を通り過ぎていきます。

尾張町の久保市乙剣宮に到着。

尾張町の久保市乙剣宮から暗がり坂を通って主計町茶屋街へ降りていきます。

暗がり坂を下りたら浅野川沿いへ。

浅野川大橋から主計町茶屋街を眺めてみる。

さあ次は、ひがし茶屋街へ向かいますよ。

ひがし茶屋街から観音坂

ひがし茶屋街にやってきました。
雪のおかげでしょうかね。
最近のこの時間帯では、かなり奇跡的な1枚なのではないでしょうか。

ひがし茶屋街を抜けて観音坂を登ります。

長谷観音さまにお参りします。

ここは高台にあるので、雪化粧の金沢の町がよく見えます。

尾張町からお城周辺を巡り再び長町武家屋敷跡へ

尾張町まで戻ってきました。
こちらは江戸時代からの老舗。石黒薬局さん。

金沢の東照宮。尾崎神社の前を抜けて。

お城周辺の風情を楽しみつつ。

今度は尾山神社へ裏門から失礼します。

神門をくぐって。

午後になると、雪も溶けて真ん中だけ階段が見えていますね。

長町足軽資料館。
雪に椿が映えるね。

長町武家屋敷跡まで戻ってきた頃には、だいぶん明るくなっていました。
9時半頃に出発して、長町武家屋敷跡到着は12時半くらいだったかな。

約3時間の雪の行軍でしたが、なかなか楽しい1日でした。

このあと、また雪すかし(雪かき)が待っていたのは内緒ですw

*今回のルートはこんな感じ。
 Googleマップをベースに作成しております。ご参考までに。

文責:安藤竜(アンドリュー)

 

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

イベントは金沢歴活のフェイスブックページから。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事