1. HOME
  2. ブログ
  3. 和歌の世界観を感じてみよう vol.1

和歌の世界観を感じてみよう vol.1

月夜には それとも見えず 梅の花 香をたづねてぞ しるべかりける 
凡河内躬恒

<ざっくり訳>
月夜には、月の光の白と梅の花の白が混じり合い、どれが梅の花やらはっきりと見えない。
そこで香りをたどっていって、梅の花を探すべきであったなあ

まさにこの歌の世界が眼前に広がる夜の兼六園。

これを踏まえて、ものすごくくだらない和歌を作ってみました。

春に21世紀美術館近くで、どらやきを求めて詠める

戸棚には それとも見えず どらやきの 香をたづねてぞ しるべかりける 

戸棚の中のどらやきは、木目の色とどらやきの皮の色が混じってしまって、どれがどらやきかはっきりと見えない。
そこで香りをたどっていって、どらやきがどれか探すべきであったなあ。

お粗末様でございました。

 

関連記事