1. HOME
  2. ブログ
  3. 晩春の紫色カキツバタの和歌

晩春の紫色カキツバタの和歌

晩春の和歌のテーマといえば紫の花。

藤とカキツバタでしょう。

カキツバタといえば在原業平のこの和歌。

唐衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞおもふ 

「古今和歌集」と「伊勢物語」に収録されたもの。

三河国八橋に咲くカキツバタを見て、京都に残した妻を思った歌です。

気に入って何度も着て馴染んだ服のように、慣れ親しんだ妻がいる京の都からはるばる遠く三河国までやってきたなあ。

意味としてはこんな感じ。
そして五七五七七の頭文字をとれば「かきつばた」となる折句になっているというのは学校の古典の授業でも習ったのではないでしょうか。

八橋は愛知県の知立市。
私の先祖の地元でもあるので、かきつばたを見るといつもしみじみしてしますのです。

*写真は兼六園にて本日撮影

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

イベントは金沢歴活のフェイスブックページから。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事