1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海フィンテック事情2018〜ネット通販・シェア自転車・無人コンビニ〜

上海フィンテック事情2018〜ネット通販・シェア自転車・無人コンビニ〜

2018年7月。
上海に行ってきたのですが、なかなかフィンテック事情が素晴らしくて色々見てきちゃいました。

三国城ツアーの途中、カラフルな自転車がいっぱい放置されているのをみて、

あの持ち主はどこに行ったのか謎な自転車は何?

と、ガイドさんに聞いたのがはじまり。

色々と教えていただきました。


中国は基本どこでもアリペイとウイチャットペイでバーコード読んで支払うからお財布いらずだというのは聞いていましたが、ここまで進んでいたのですね。

まずびっくりはネット通販。
ガイドさんが何度も

「ネット通販があるから、ここ2年くらいスーパー行ってないよ」

とか言うんですよ。何を言っておるのか?と。
受け取りが大変でしょうが!と思っていたら、なんと中国のネット通販は24時間、30分単位で配達の時間指定ができるんだと。有料なら1時間後の配達サービスもあるんだとか。
実際、買い物の様子を見せてもらったら、15時の時点で買い物したら朝の7時から30分単位で届く指定ができたのです。

すごい!!

日本なら「午前中」とか、夜も18時から20時とかせめて2時間単位ですよね。
せっかくの休みなのに、受け取りで家にいなきゃいけないのがストレスだというのに。
まさか、こんなすごいサービスがあるとは。

確かに、街中を歩いていると、至る所で配達の電動バイクが!
音がまったくしないので、めちゃくちゃ怖いですが、この人たちが中国の宅配天国を支えているようです。

そしてシェア自転車。

とにかく凄いのは、どこでも乗り捨て出来ること。
日本なら、しかも道路の狭い金沢なら絶対無理だな。

何社もあるみたいだけど、オレンジのモバイクと黄色のofoというのが主流みたい。

オレンジのモバイクが一番綺麗というイメージらしい。


バーコードを読んでスマホで決済!

みんなで色々な種類の会社を使い分けていた。
それぞれにファンがいるのかな。

街の景観という問題はあるけど、便利なのは確か!

夜中に一所懸命並べてました。

整然と並んでいると美しいね。

夜中に一所懸命働く人が多い印象も受けました。

そして、驚きなのが無人コンビニ。

液晶で値段とバーコードがついてます。

バーコードをスキャンでお買い物!

デイリー商品もきちんとあります。

ファストフードはさすがに人が対応。
陳列も随時やっているんでしょうね。
ちなみに中国はやはり人が多いせいか、無人コンビニのはずなのに日本のコンビニより店員さんが多かったです。あれれw

中国はみんなキャッシュレスで便利ですね。
人民元を使うのがだんだん恥ずかしくなってきた上海の旅でした。

 

 

 

 

関連記事