1. HOME
  2. ブログ
  3. 徳川家康はなぜ江戸を選んだのか

徳川家康はなぜ江戸を選んだのか

徳川家康はなぜ本拠地を江戸にしたのか?
今回のテーマはこれです。

当時の江戸城について

徳川家康は元々、現在の愛知県岡崎市の出身です。天正18(1590)年7月に、北条氏の本拠地である小田原城が落城しますが、すぐに豊臣秀吉の指示で徳川家康は関東へ転封させられます。その際、普通なら北条氏の本拠地だった小田原城にそのまま入ればよいのに、徳川家康は小田原城の支城にあたる江戸城に入ることに決めました。

同時代の史料「石川正西聞見集」や徳川吉宗の頃に書かれた「岩淵夜話」という書物によると、家康が入ってすぐの江戸城の玄関は、舟板3・4枚を並べただけのみすぼらしい城だったそうです。また城下町も大手門の外側にかやぶきの家が100軒ある程度。城の東側は湿地帯で、萱(かや)の原っぱが広がっていたとか。

一体なぜ小田原でなく、そんなへんぴな田舎町を本拠地にしなきゃいけなかったのでしょうか?

結論

それは豊臣秀吉がそうしろって言ったからです。

以上。

で、終われれば簡単なのですが・・・
ではなぜ豊臣秀吉はそんな指示を徳川家康にしたのでしょうか?
江戸時代から戦前くらいまでの説では、

・実力者の家康を少しでも遠くに置きたかったから。
・関東で一揆が起きることを見越して、守りの弱い江戸に住ませたかった。
・水運が便利なのを見抜いた豊臣秀吉が徳川家康に助言した

などの説がありました。

また戦後では徳川家康が江戸を選んだ理由として、

・北条氏の領地をまとめるには江戸が便利だった
・東国の水運と太平洋の海運との関連を重視した
・経済に詳しい側近(本多正信、伊奈忠次など)の助言があった

などの説が出されました。
とんでもな説としては、江戸城から故郷の富士山が見えたからなんてのもあります。

江戸城は本当にみすぼらしかったのか

最近の研究成果を見ると、そもそも江戸城は本当にみすぼらしかったのか?

という疑問が出てきます。
江戸城は天正11(1583)年の段階で、北条氏の前当主である北条氏政が入城します。
そして小田原合戦の時には、城代だった遠山氏が1000騎で守りを固めていました。
当時の北条氏は騎馬武者1人につき、旗持ち1人・鉄砲持ち1人・槍持ち2人が一緒にいることになっていたと言われるので、合計5000人が江戸城にいたことになります。

5000人も兵士が入っている城が、玄関に舟板3枚なんてことあり得るでしょうか?

また北条氏の頃から、江戸城を中心に岩槻(埼玉県)、関宿(千葉県)、佐倉(千葉県)の支城網が出来ていました。
ほか小田原合戦中には、開城後には江戸城に豊臣秀吉の休憩所をつくる計画もあったようです。
実際の江戸城は徳川家康が入城する前から、立派なお城だったことが想像できるのです。

なぜ江戸城はみすぼらしく書かれたのか

では、なぜ江戸時代の史料にはそのようなことが書かれているのでしょうか?
岡野友彦さんは同時代史料、「石川正西聞見集」の他の記事に注目しました。
他の記事をよく見ると、年配の方の昔の苦労話の記録といった要素が強いことに気がついたのだそうです。

つ、ま、り…

「昔は貧乏だったが、みんな一所懸命仕事して心は豊かだった。それにひきかえ今の若いもんは・・・」

的な史料だったことが想像されるというのです。

だから自分たちが頑張ったことを強調するために、色々盛っている記事が多く、当時の江戸城の様子についても、かなり盛られているのではないか?
と、考えられるわけです。

また、徳川吉宗の頃の史料「岩渕夜話」については、徳川吉宗の事情が反映していたと考えられるんだそうです。
徳川吉宗は紀州藩主から将軍になったこともあり、これまでの将軍と異なる血筋です。
ですから徳川家康との血のつながりをアピールする必要があり、その流れで徳川家康の功績も今まで以上に盛る必要がありました。
そこで、この史料もぼろぼろの江戸城を立派にした家康というストーリーを作るために、当時の江戸城をみすぼらしい城という設定のままにしたのだと考えられるのです。

しかし、それだけでは豊臣秀吉が徳川家康に小田原城でなく江戸城に入ることを指示した理由が分かりません。そこで、次に当時の政治情勢について解説していきます。

伊達政宗の会津不法占拠問題

小田原合戦の際に、同時並行で問題になっていたことがあります。
それは伊達政宗が豊臣秀吉の惣無事令(戦争禁止令)を無視して、東北で大暴れしていたことです。しまいには有名な摺上原(すりあげはら)の合戦で、蘆名氏を破って会津(福島県)を占拠。全国でも屈指の領地を持つに至ります。そこで、小田原城の開城直前(天正18(1590)年7月)に、会津出陣の準備が同時進行で行われました。
その準備とは、近江(滋賀県)から会津までの街道の整備と、各宿泊地に豊臣秀吉の休憩所を設置することでした。

整備された街道はまず東海道(*現在の東海道とはほぼ同じですが、微妙に違ったようです)の近江から江戸までの区間。
また江戸から下野(栃木県)までは2つの路線が整備されます。

鎌倉街道中道(なかつみち)支線(江戸岩槻関宿小山)のルートは、とくに発展したと言われています。江戸は豊臣秀吉が会津出陣の際に通る予定の、近江(滋賀県)から東海道を通って下野(栃木県)まで向かうルートの一大中継地でした。だから豊臣秀吉は家康に対して、小田原城でなく江戸城に本拠を置くように指示したのでした。

家康はなぜその後も江戸に?

天正19(1591)年1月。
伊達政宗と蒲生氏郷との間で和議が結ばれ、東北は豊臣秀吉のもと平和な時代を迎えました。
その1ヶ月後、東北の押さえとして関東に入っていた徳川家康に再転封の噂が流れます。
結果として、その噂は噂にすぎないものでした。

そこで徳川家康はいよいよ本格的に関東に根付いていくことになります。ここでポイントなのは、東北に攻め込む必要のない徳川家康には江戸城を本拠地にし続ける必要はないということです。
このタイミングで小田原城に入ることもできたのです。

でも徳川家康はそうしませんでした。

なぜでしょうか?

江戸は水上交通と陸上交通の基点

江戸は北条氏の頃から次第に発展を遂げ、海上交通が盛んになっていましたが、とくに発展していたのが伊勢〜品川のルートです。
江戸に多いものとして「伊勢屋・稲荷に犬の糞」と歌われるように、海上交通を利用して伊勢商人が多数江戸にやってきていました。また、品川は多摩川を介して中世の武蔵の中心である府中にも便利なまちでした。
そして前に述べたように、秀吉が整備した下野までの陸上ルートは浅草からのスタートとなっていたのです。海上交通の基点の品川、陸上交通の基点の浅草、その2つのまちに囲まれた場所が江戸城。

だからこそ、家康は江戸にい続けたのです。

では、そんな素晴らしいまちをなぜ北条氏は本拠地にしなかったのでしょうか?

中世の関東は南北で対立

じつは中世を通じて関東は旧利根川(*当時の利根川は江戸のすぐ横に流れていました)をはさんで南北で対立していました。江戸は非常に便利なまちだったのですが、あまりにも南北の境界線に近く、非常に危険なまちでもあったのです。そのため古くは源頼朝が鎌倉を、北条氏は小田原を本拠地にしました。しかし後北条氏が、北条氏政の頃に関東地方を統一し南北対立はなくなります。

もはや、江戸は平和なまちになっていたのです。
そのタイミングで徳川家康は関東に転封になりました。
結果、徳川家康は迷うこと無く、江戸を本拠地にし続けることが出来たのでした。

主な参考文献

岡野友彦『家康はなぜ江戸を選んだか』(教育出版、1999年)

北島正元『江戸幕府の権力構造』(岩波書店、昭和39年)

竹井英文「徳川家康江戸入部の歴史的背景」(『日本史研究』628号)

足利健亮『地図から読む歴史』(講談社学術文庫、2012年)

関連記事