歴史ってなんか役に立つの?

私、代表の安藤竜(アンドリュー)が日本史学科の大学院に所属していた時、後輩から言われたひとことです。

恥ずかしながら、当時の私はその問いに自信を持って回答することができませんでした。

大好きでしょうがない歴史学を、私がなぜやっているのか自信を持って語ることができなかったのです。

以来15年、私はずっとこの言葉への回答を考えてきました。

私の現時点での答えはこれです。

あなたが今よりもっと幸せに生きたい!
そう考えるなら歴史はそのためのヒントをくれるでしょう。

今よりもっとサッカーが上手くなりたい!
そう考えるサッカー少年がいたとします。
 
あなたはどんなアドバイスを彼にしてあげますか?

Jリーグの試合や本田圭佑選手、メッシ選手のプレイを見せてあげる?

筋トレや栄養学、はたまたメンタルトレーニング?

それらも有効でしょう。

でも、往年の名選手であるペレやマラドーナ、釜本邦茂さんのプレイだって見せてあげたいと思いませんか?

これが、歴史を学ぶということだと思うのです。

マラドーナなんてもう古い?

今とは戦術が違うから役に立たない?

そんなことあるでしょうか??

ペレヤマラドーナのプレイからは、少年がもっとサッカーが上手くなるためのヒントがたくさんあるとは思いませんか?

私、安藤竜(アンドリュー)はこの答えにたどり着き、

歴史の中から私たちがよりよく生きるためのヒントを見つけ解説する活動を始めようと思いました。

それが、この金沢歴活です。

ありがたいことにご好評をいただき、仲間も増え、活動も幅広くなってきました。

歴史を通じて

・人をより幸せにする。

・企業をより活性化する。

・地域をより元気にする。

これが金沢歴活の理念(ビジョン)です。

ぜひ、みなさまのご協力よろしくお願いいたします。

行動指針

一、過去の文脈から現在を理解し、未来の生き方を皆で考えるための材料を提供する。

一、地域の歴史を知り、楽しく伝えられる人を多く輩出する。

一、歴史学研究の発展に寄与する。

一、官と民の共存共栄。

一、歴史研究体制の整備に寄与する。高学歴ワーキングプアの減少。