1. HOME
  2. ブログ
  3. アンドリューの今年の10冊〜2017年発行の本限定版〜

アンドリューの今年の10冊〜2017年発行の本限定版〜

安藤竜(アンドリュー)今年の10冊。

今回は2017年に発行された本編をお届けします。

2017年に発行された本に限定してご紹介してみますね。
ほかのルールとしては、漫画は入れない、歴史本にこだわらないという形で選んでいます。

前回の2017年に読んだ本ランキングと重複するのは以下の4冊。

第1位
山本淳子『枕草子のたくらみ』(朝日新聞出版)
第2位
内田かつひろ『四季を味わうルールブック』(歌林苑)
第3位
阿部智里『空棺の烏 八咫烏シリーズ4』(文春文庫)
第4位
山崎善弘『徳川社会の底力』(2017、柏書房)

そこで、今回は5位から10位までをご紹介致します。

第5位 「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす

土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』の流れで非常に興味深かった本。
女性の労働の問題は本当に根深い。
そう思わされました。これは家事だけではなく企業での事務仕事でも同様ではないかと思います。家事を事務、日本を会社に直せばまったく通用する気がします。
家事も事務もノーマネジメント状態になっていることが不幸の元凶と私は思っており、そういう意味でも女性だけでなく男性も必読の本ではないでしょうか。

佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)

第6位 デザインの次に来るもの

地域の埋もれている原石をデザインの力で世に出すというのは、もうそろそろ限界に来ている気がするのです。
その先にあるのは絶対にストーリーの力。そして見立ての力であり、そこは千利休に学ぶべきというのが私のここ数年の主張なのですが、まさに私の主張を代弁してくれている本だなあと思って読みました。

安西洋之・八重樫文『デザインの次に来るもの』(クロスメディア・パブリッシング)

第7位 古地図で楽しむ金沢

古地図アプリ「古今金澤」を世に出すことに協力した人間としては、これを選ばない訳にはいかんでしょう。
じつに詳しく、金沢の歴史散歩のバイブルといえます。
個人的には兵庫県立小野高校時代の同級生が茶屋街について書いているのが感慨深いです。

本康宏史編『古地図で楽しむ金沢』(風媒社)

第8位 兼好法師

国文学を歴史学の視点から研究するというのは、これまであるようでなかったんですよね。
ここ20年くらいでかなり面白い研究が蓄積されている分野だと思います。『枕草子のたくらみ』と同様、連歌を勉強し始めている私にとっては歌人・兼好法師の実像がどんどん明らかにされていく様が面白くてしょうがないです。

小川剛生『兼好法師』(中公新書)

第9位 近世商人と市場

大学院時代から原さんの論文は興味深く読んでいて、私自身も昨年から加賀藩領の絹織物流通の研究を少しずつ進めています。
市場社会ってどんな社会で、どんなプレイヤーがいたのか、どんな歴史的性質をもった人たちなのかという分析が面白くてたまらない。
以前にこの本も参考に近江町市場について語った記事もあり、よろしければごらんください。

*江戸時代のプラットフォームビジネス〜問屋と仲買の違いから〜

原直史『近世商人と市場』(山川出版社)

第10位 謙虚なコンサルティング

翻訳物のビジネス書も読むんだぞ!ということを少しは入れておこうかなとw
コンサルティングに関して、人間関係の築き方がなんだかんだいって一番大事。人のプライドや嫉妬とかそういったものへの配慮が組織改革には非常に大事だということが書かれています。
コーチングでラポールが非常に重視されるのと同じです。
これは5位の『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』にも連なる話だと思っています。

エドガー・H・シャイン『謙虚なコンサルティング』(英治出版)

いかがだったでしょうか?

最後に、残念ながらランキングしなかったけど面白かった本の紹介をして終わりたいと思います。

番外

原田隆史『一流の達成力』(フォレスト出版)
ジョシュア・ウルフ・シェンク『POWERS OF TWO 二人で一人の天才』(英治出版)
河合薫『他人をバカにしたがる男たち』(日本経済新聞出版社)
川上和人『鳥類学者だからって鳥が好きだと思うなよ』(新潮社)
高田明『伝えることから始めよう』(東洋経済)

2017年に出版された本限定ランキング

第1位
山本淳子『枕草子のたくらみ』(朝日新聞出版)
第2位
内田かつひろ『四季を味わうルールブック』(歌林苑)
第3位
阿部智里『空棺の烏 八咫烏シリーズ4』(文春文庫)
第4位
山崎善弘『徳川社会の底力』(2017、柏書房)
第5位
佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)
第6位
安西洋之・八重樫文『デザインの次に来るもの』(クロスメディア・パブリッシング)
第7位
本康宏史『古地図で楽しむ金沢』(風媒社)
第8位
小川剛生『兼好法師』(中公新書)
第9位
原直史『近世商人と市場』(山川出版社)
第10位
エドガー・H・シャイン『謙虚なコンサルティング』(英治出版)

ご案内

金沢の地元情報の記事作成、歴史にまつわる文章や講演のご依頼はこちらから

問い合わせフォーム

イベントは金沢歴活のフェイスブックページから。

金沢歴活フェイスブックページ

歴活イベントへの参加は申し込みフォームからお申込みくださいませ

申し込みフォーム

金沢を古地図で散歩しよう!

金沢古地図アプリ古今金沢ダウンロード

最新の歴活情報はこちらの無料メルマガ「歴活通信」がオススメです!
登録よろしくお願いいたします!

歴活通信

関連記事